profile

 

陶は人にとって、自然との間を取り持つ素材だ。

 

人は自然を必要としているけれど、

生の自然をそのまま受け入れる程には強くなくて、

陶器をインターフェイスにして自然とつながろうとする。

 

陶の器で食事をし、花器に花を活ける。

 

土を焼くと器になるというシンプルな工程が、

自然と人との境界をなめらかに馴染ませる。

 

私は器を作る時、

自然の野性味が、人のための道具の中にうまく溶け込むように、

そのバランスをいつも探っている。

 

 

河内 啓 (かわち けい)

 

陶芸家

 

1967年 静岡県静岡市に産まれる。

 

1991年 日本大学経済学部卒業

      株式会社TKC入社

 

1999年 愛知県立窯業高等技術専門校卒業

      土岐市の製陶所に勤務

 

2002年 岐阜県土岐市鶴里町に築窯

 

2012年 萬古焼きコンペ 審査員特別賞受賞

 

2014年 クラフト・センター・ジャパン Cマークに選定